2時昔、静岡に出掛けた時に、オリジナル紅茶を飲んだ事があった。
その美味しさは、ティーパックで淹れた紅茶から上手く、輸入一品店舗で売られている茶葉から淹れた紅茶によって美味しかった。

なんで?として、人材に聞いたら、「フレッシュですから」と。
お店で売られている茶葉は、摘んでから、速くとも数ヶ月経ってある。
も、そっちのお店は奥の茶畑で摘んです茶葉を、その場で焙煎して、提供しているので、美味いのだと。

ん~なるほど!と思った私は、さっさとお茶の木を育て上げることに。
苗木から育て始めて2時たち、最近3時目線の春を迎えたけど、初摘みはまだまだ前文だ。
苗木からだという早くても4時はかかります。いまだに年間前文ですね。。トホホ

毎日やる事は、2.3日に一回、水をあげ、半年に一括肥料を与えるぐらい。
先時に一括、最近訴える鉢から、一回り大きい鉢に植え差換える件。
今のポイント尽きるラクラク、割り方順調に育っているので、翌年の春が魅力。

今季私がやることは、4月~6月に茶農家でやっている、茶摘見聞きに参加するやり方。
茶摘自体未経験な私なので、そういった機会にはじめを学んでおこうという。
しかも、茶農家によっては、茶摘の帰路、焙煎まで体験させて得る所もあるようなので、目下はネットでどこが良いかな~と探している最中です。

ただし、初手組立て紅茶が飲めるまで4時。。長いですねw

シースリ― 亀戸