東京の湯船は、旬の昭和43年頃には2687軒ありましたが、平成22年頃には約800軒にまで減少しているそうです。燃料費が高騰したり後継者が不足したりして、非常に著しい状況にあるようです。けれども、湯船によっては、生き残りをかけてさまざまな捻りや改装をしている湯船も多いです。その中でも、今ずいぶん話題になっているのが「デザイナーズ湯船」だ。

デザイナーズ湯船は、建築家屋を通じておしゃれにシルエットされ、恰好やインテリア、空席にも粘り、新しく生まれ変わった湯船のことです。かねてから親しまれていた湯船を一新したものがほとんどで、シックで都会的なアーバンテイストなこの世風の湯船もあれば、昔ながらの思い出深い事情漂うレトロモダンなシルエット品物もあります。

例えば、文京区における昭和47年頃に創業した老舗湯船「千駄木ふくの湯」は、デザイナーズ湯船として平成23年頃にリニューアルされました。ハーモニーモダンな事情が武器で、クラス、玄関の入口、番台、脱衣辺りなど、木材で統一された落ち着きのあるエステ宿屋のようです。レトロな感漂う明かりに照らされて、どっか懐かしさをもらいさせられます。

浴場に入ると、ペンキ挿し絵の最適富士山が瞳に飛び込んできます。また、男湯とお母さん湯を仕切る邪魔には、「大黒様」って「弁天君」が各自描かれていらっしゃる。お風呂も井戸水を使ったり、キツイジェットバスが注目だったり、さまざまな個性的なお風呂を楽しむことができ、滅法おしゃれなシルエットの中で、気持ちのよい湯を楽しむことができます。

あべの 脱毛